プロフィール

学ぶパンダ

初心者向けにプログラミング学習や

就職・転職に向けた情報を発信

文字列から部分的に開始位置と取得文字数で取り出す

サンプル

サンプルとして、

「これはテストです」

という文字列から部分的に取得してみましょう。

文字列のどの位置から取得するのかについては、

0からの連番で考えることが大切。

具体的には、

「これはテストです」

の文字列を0からの連番として考えると

「こ」 「れ」 「は」 「テ」 「ス」 「ト」 「で」 「す」
「0」  「1」  「2」  「3」  「4」  「5」  「6」  「7」

となるので、

これを踏まえた上で、文字列を部分的に取得してみます。

まずは、取得する部分の最初の位置だけ指定する場合。

// 文字列を準備
let sampleString = 'これはテストです';

// 文字列から部分的に取得
// 開始位置として「3」を指定
let getString = sampleString.substr(3);

// 値を確認
console.log(getString);
// 上記の出力結果: "テストです"

次に、「開始位置」だけでなく「取得文字数」を指定する場合、

開始位置の後に、取得文字数を設定することで取得できます。

// 文字列を準備
let sampleString = 'これはテストです';

// 文字列から部分的に取得
// 開始位置として「3」を指定
// 終了位置として「6」を指定
let getStringA = sampleString.substr(3, 3);

// 値を確認
console.log(getStringA);
// 上記の出力結果: "テスト"

// 文字列から部分的に取得
// 開始位置として「3」を指定
// 終了位置として「5」を指定
let getStringB = sampleString.substr(3, 2);

// 値を確認
console.log(getStringB);
// 上記の出力結果: "テス"

初心者向けピックアップ

初心者にオススメ