学習サポート始めました(有料)

プロフィール

学ぶパンダ

初心者向けにプログラミング学習や

就職・転職に向けた情報を発信

【理解を深める_01】型を知ろう

型を知ろう 型とは javaScriptを書く時に、 文字列数字 など、 使いたい値によって種類があります。 このような 「データの値の種類」 のことを、 「型」 といいます。 javaScriptでも、 この「型」については、 いくつかあるので、 よく使うものを理解しましょう。 事前に理解すること 事前に「変数」や「配列」「繰り返し」「判定処理」など、 そのような言葉を使っていきます。 それらに…

【理解を深める_02】変数のスコープ(有効な範囲)

変数とスコープ 変数 javaScriptを書く時に、 「変数」として このように、 値をいれるために使う」 というのが 「変数」 と呼ばれるものです。 この変数は、 数値 文字列 配列 真偽値 などを設定することができます。 具体的には、 という形で使い、 実際の例としては、 のように設定します。 配列を設定したりすることができますが、 その辺りのことは、 以下の記事を参考にしてください。 【基…

【理解を深める_03】判定処理と真偽値

判定処理と真偽値 判定処理の基本 javaScriptを書く時に、 「判定処理」として このように、 判定処理を行って、 判定処理が「正」として処理を行う 判定処理が「誤」として処理を行う という判定を行います。 これは、 「if文」を用いて判定を行いますが、 具体的には、 という形で使います。 判定処理や繰り返し処理は、 処理の流れを扱うものなので、 この辺りの基本的なことについては、 以下の記…

【理解を深める_04】関数の戻り値と引数

関数と戻り値 関数の基本 関数の処理としては、 決められた処理を元に、 「結果」を出力するものが関数です。 このように、 イメージとしては、 関数は何かしらの「決められた処理」を行う 関数は「結果」を返すことができる と考えてもらうと良いでしょう。 例えば、 関数を呼び出して、 指定の文字を返す処理としては、 このような形で、 関数を呼び出す形で使うことで、 結果として値が返されます。 関数の戻り…

【理解を深める_05】不等号「<」や「>」のイメージ

プログラミングの中の不等号「<」と「>」 判定処理などで、 「〜より大きい」 「〜より小さい」 「〜以上である」 「〜以下である」 という値の判定を行うことは、 非常によくあるパターンです。 この判定処理のパターンで、 プログラミングとして判定処理の中で使うのが、 「不等号」である「>」や「<」 などの記号を用いて、 このような判定処理で、 プログラミングの中で使うことがあ…

IT関連の記事を掲載

HTML/CSS/JSのポイントのみ学習

ポートフォリオを作る流れを理解

Webデザインの基礎学習におすすめ